状況と会話内容から最適なサービスを実現


顧客の情報や購買履歴、会話内容からアップセル、クロスセル、退会防止などを可能にします。

状況と会話内容から最適なサービスを実現

短文のチャットは情報の宝庫

短文のやり取りをおこなうチャットには、「気持ち」や「将来的な行動」が含まれるケースが多く見られます。例えば、やり取りの中に「サービス更新日の確認」や「解約方法」が含まれているとき、顧客がサービスの解約を検討していることを推測できます。 このような顧客の言葉をしっかりと見逃さずに対応手段を講じることで、解約防止につながるでしょう。

顧客からの一方向ではない、双方向だからこその可能性

引っ越しを予定している顧客が、引っ越し手続きについての情報を得る場合、一般的なウェブサイトでは、一方的に顧客が情報を見るだけで完了してしまいます。AIの会話アプリケーションでは、引っ越しに関しての問い合わせがあった場合に、時期や引っ越し先を聞くことで、新たなビジネスチャンスにつなげることができます。

CRM(顧客情報)などのデータベースとの連携によるマーケティングオートメーション

このようなAIによる会話アプリケーションは、顧客情報や在庫情報などのデータベースと連携することで、さらに強力なマーケティングオートメーションを実現します。 例えば、LINEなどのチャットボットの会話アプリケーションとSalesforceのCRMと連携させることで、会話をしている顧客の情報や購買履歴を取得し、アップセルやクロスセルにつなげます。